2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

EDを治してくれた義母…!

この記事の所要時間: 646

まだ早いんじゃないか。

最初はそう思っていたのですが、

一度ダメになってしまったら、

すっかり自信をなくしてしまい、

それがあたりまえのように

なってしまいました。

いわゆるEDの話です。

そういうものがあるというのは

知っていましたが、

まさか自分がそうなるなんて、

しかも、

最初に勃たなくなったのは五年前、

つまり、

まだ三十代のときです。

まだ早いだろう、

と思いました。

しかし、

思いあたる理由はありました。

いろいろなプレッシャーです。

仕事はそこそこ順調です。

こんな不景気な世の中ですが、

幸いうちの会社は業績がよくて、

給料もボーナスもそれなりに

支給されています。

リストラの話などいっさいなく、

大きな失敗さえしなければ、

生活の保証は完璧なのです。

本当なら、

安定した生活の上に安住

していればいいのです。

しかし、

どうもぼくは気が弱いというのか、

すぐにマイナスなことを

考えてしまうというのか、

安心しきれない

ところがあるのです。

いまは安定してるけど、

いつ、

どんなことが起こるかわからない。

もしも会社がつぶれたら、

もしも自分がクビになったら、

次の日からどうやって

暮らしていけばいいのだろう。

そう考えると、

もういても立ってもいられません。

妻も子供もいるこの生活を、

どうやって支えて

いけばいいのだろう。

特に子供はまだ中学生。

これから学費だって

たっぷりかかるのに。

いろいろな重荷があって、

毎日生きた心地がしません。

この生活を維持しているのは

ぼくの稼ぎだけ。

そう思うだけで、

あせってしまいます。

妻はそんなぼくの気持ちを

見透かしたかのように、

[あなた一人が倒れたら、

一家心中でもしなきゃ

ならないんだからね。

さあ、

気を抜くことなく頑張ってよ。

今日も明日も明後日も、

とことん頑張ってよ]

頑張って。

この言葉が、

どれほど大きな負担になって

ぼくの背中にのしかかってくるのか、

妻はまったく気づいて

ないのでしょう。

いや、

もしかしたら気づいていて、

わざと言ってるのかもしれません。

いづれにしても、

がんばって、

と言われるたびに、

ぼくは大きなプレッシャーを感じ、

そこから逃れられない

気分になるのです。

 

そして、

妻とセックスしていても、

なんだかいつも、

がんばって、

と言われているような気になります。

[がんばって勃起させて]

[がんばって私を楽しませて]

[がんばって私をイカせて]

いつも頭の中に響くその言葉。

そして気がついたら、

勃起しなくてなっていました。

セックスという義務から

解放されたいがために、

体が勃起することを

やめてしまったのでしょう。

それが五年前のことです。

妻はあきれ顔でした。

最初は、

[なんとかして勃たせてよ]

と言っていたのですが、

そのうちもう無理だと

思って締めたようです。

そして、

[そのかわり、しっかり働いて、

生活を支えてよね]

まったくもって、

愛情のカケラもない妻です。

断っておきますが、

ぼくは性欲そのものが

なくなったわけではありません。

いい女を見ればいやらしい

妄想をします。

会社の若い女性がちょっとしゃがんで

スカートの中が見えそうになって

不覚にも勃起したことがあります。

飲み会の帰りに同じ課の女性と

ちょっとあやしい雰囲気になり、

そのままホテルに入り

そうになったこともあります。

人並の欲望はあるのです。

しかし、

残念ながら、

仕事のこと、

そして生活を支えなければならない

義務感で頭がいっぱいで、

とてもじゃないが浮気する

心の余裕はありません。

浮気どころか、

オナニさえここ何年も

したことがないのです。

ぼくのペニスは、

いったいなんのために

ついているのかわかりません。

ただの排泄器官であり、

それ以外のために

使われることはないのですね。

自分でも悲しい人生だと思います。

もうこのまま自分は死ぬまで

セックスというものをしないで

過ごしのだろうか。

そう思って、

この数年は、

なかば締めていました。

それが自分の運命だと

思いこもうとしたのです。

 

しかし、

そうではありませんでした。

ぼくにも、

まだ春は訪れてくれたのです。

相手は、

もう六十歳近い女性です。

妻の母、

つまり義母なのです。

六十歳とはいっても、

まだまだ美人です。

若いころにはどこかの企業の受付嬢

をやっていたらしいのですが、

いまもその名残がうかがえます。

もちろん、

体のほうもまだ若々しくて、

肌にも張りがあります。

いっしょに歩いていても、

義母というより、

少し年齢の離れた姉と

いるような感じです。

そして人柄がまたいいのです。

妻とは対照的に、

おっとりしてとても思い

やりがあります。

口を開くと出てくるのは、

とても優しい言葉ばかり。

[あんなきつい性格の娘を、

よくもらってくれたわね。

ほんとうにありがとうね]

結婚したころ、

よくそう言われたのですが、

娘の性格の悪さをよく知っていて、

とても申し訳なく

思っているようです。

それはいまも同じです。

近所に住んでいて、

よくうちに遊びに来るのですが、

ぼくのシャツにしわが

入ってるのを見つけたら、

黙ってアイロンかけてくれるし、

食事のときに妻が先に

箸に手をつけたりしたら、

[一家の大黒柱が箸を

持つまでは待ちなさい]

とたしなめてくれるし、

風呂に入る前にタオルや着替えを

準備してくれるのも義母です。

ともかく、

夫として、

父親としてのほうも、

とても大切にしてくれます。

とても思いやりがあって、

優しい義母なのです。

ぼくも、

義母がうちに来るとホッとします。

妻といるよりも義母といたほうが

心休まるくらいなのです。

それだけではありません。

いつの間にか、

[妻ではなく義母のような

女性と結婚したかった]

とまで思うようになりました。

もうほとんど義母に恋

してようなものなのです。

じつは、

義母はときどき肩を

揉んでくれるのですが、

義母の手がぼくの体に触れるたびに、

義母の肉体を想像して

しまうようになりました。

いや、

もしかしたらぼくは、

いつしか義母とセックス

したいと思うようになって

いたのかかもしれません。

実際、

義母の体を想像すると、

いつもは勃起しないペニスが、

少し硬くなるのに気づいていました。

[義母が相手ならもしかしたら]

そう考えるように

なっていたのです。

ページ:

1

2 3
体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/06/28(日) 15:37:17 ID:M2OTYyNTg

    自分には甘えさせてくれる人いません。毎日失踪したくなる衝動にかられます。家にあるTV殆ど見れないし。。。幸せならいいじゃないですか(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2019年11月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

他サイトの更新情報