2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

生意気そうなJSを痴漢後レイプ

この記事の所要時間: 523

投稿者名:ロリコン痴漢師
性別:男性
題名:生意気そうなJSを痴漢後レイプ
投稿日:2016/12/23 14:28:26

 

俺はバツイチのロリコン痴漢師・・
小中学生の子どもを主なターゲットとしている変質者だ・・

なんだか俺の体験談が、幾つかコピペされてるので
元々のスレ主である俺が直接コピペ投稿するよ!

生意気そうなJSを痴漢後レイプにまで至ったネタを一発!

 

おそらく塾帰りなのだろう・・高学年と思われる少女がプラットホームで電車待ちしていた

ミニスカから細くて可愛い脚、太腿を露出させていて、顔も可愛い・・少女に見とれていると、俺のエロ目線に気付いたようで、少女と目が合った・・

少女は俺を煽るかのようにクスッと笑い、俺をチラチラ横目で意識しながら、到着した電車に乗り込むと横並び席に座った

帰宅ラッシュを過ぎていたので、電車内は込み合っていなかったが、残念ながら少女の隣はあいていなかったので、少女の真向かい席に座った

少女の可愛い太股や膝小僧、脹ら脛や足首をイヤらしく眺める俺の目線を辿り、目線の先を確認した少女は、子悪魔的な笑みを浮かべ、脚を組んだり下ろしたりしている
当然俺の目線は、少女の脚の動きに釘付けで、少女は更にミニスカを片手で掴みヒラヒラさせている

もうジュニアフル勃起で、チラチラ見え隠れする白いパンツをガン見・・

次の駅で少女の隣が空いたので、スマホを操作する振りをしながら隣へと移動・・

挑むような横目を俺に向け、少女自ら可愛い太腿を俺に密着させてきたのだ

俺はすかさず上着で隠し、手を太腿の上に置いた・・
ツルンとした感触に鼻息を荒くし、フル勃発起ジュニアはビンビン脈打っている

少女はその瞬間、クスッと笑い脚を組みやがった・・
組み上げられた横脚、横腿を見ていると、その横脚と横腿を再度密着させてきたので、横腿に手を押し付け、撫でようとしたら、組んだ脚を下ろしたので、隠す為の上着が乱れ、太腿の上に置かれた手が露になり、慌てて隠し直した瞬間、次の駅到着のアナウンスが流れた・・

少女は、「あの・・ごめんなさい・・降りますんで」
クスクス笑い、小バカにした様な目線を向けながら席を立ち扉の前で振り向くと、もう一度小バカにした笑みと目線を送ってきやがった・・

このガキ・・完全になめてやがる!
よーし・・上等じゃねーかよ・・
大人をおちょくると、どんな目に遭うのかキッチリ体験教育してやるよ!・・俺も少女の後を追い電車を降りた

当然少女は俺の尾行に気付き、チラチラ後ろを意識しながら歩いている
何処まで尾行できて、何処まで調べれるか・・ストーカーとして行動開始だ!

相手に気付かれた上での尾行だ・・なので当然深追いは危険だ
ここまでと感じた時点で尾行は中止・・だが俺は執念深い(笑)
数ヶ月、一年以上掛けてでも、この少女に大人の怖さを思い知らせてやる・・

途中で上りエスカレーターが有ったが、少女は階段を選び、まるで、俺の反応を楽しむかのようにミニスカをヒラヒラさせ
わざと階段の下からパンツを覗き易くしている
俺も俺で、条件反射的に白いパンツを覗き込む・・よく見てみると、なにやら可愛らしい絵柄がプリントされている

少女は階段途中で、わざとらしく立ち止まり、屈みこみパンツ丸見え状態だ
そして振り返り、小バカにした笑みを浮かべ、冷ややかな目で見ながら・・「きもっ・・」と言い放ち小走りで改札口から出て行った・・

駅から出た少女は、完全に俺を巻いたつもりなのだろう・・・
が・・しかし・・俺は遠巻きに気付かれぬよう少女をロックオンしている

親が迎えに来ている様子もなく歩を進める少女・・俺の尾行に全く気付かず、某住宅地へと向かっている・・
その住宅地へ向かう途中には、夜になれば人通りも人気も少なくなる公園が有る・・
行き当たりばったりでの路上痴漢やレイプは、滅多にやらないし、簡単なものではない・・

が・・しかしこの時はガチで運が良かった・・幸運の女神が味方をしてくれた・・

 

公園前には人通りも人影も見えず、この公園内が近道なのも知っている・・その公園内に少女は入ってくれたのだ

公園内にも人気が全く無い・・躊躇する暇など無い・・ヤるなら今しかない・・

一気に走り少女に近付く・・
俺の足音に気付き「きゃ・・」と逃げる少女だが、時既に遅し

俺は少女を捕まえ、口を塞ぎ抱き抱え公園内奥の茂みへと引きずり込んだ・・

「ちょ・・やーだー・・なにすんの・・離してよ・・やだー」
そんな少女の頬に張り手を食らわす・・バシッ!と言う音と共に鼻から血を垂らす少女に
「静かにしろや!殺すぞ!」一喝しながら軽く首を絞めると、途端に大人しくなりやがった(笑)

周りを確認しながらそばに設置されたトイレ内へと連れ込み
もう一度頬に平手打ちして、壁に両手を付き後ろ向きにさせた

少女はもうすっかり大人しく無抵抗で人形みたいだ
俺は少女の脚や太腿を両手で撫で回しパンツを剥ぎ取った
少女のマンコは、まだ毛も生えておらず、綺麗なピンク色だった
そのツルツルマンコに舌を這わせ舐め回すと・・やはりまだ小学生のガキ・・小便臭い(笑)
しかしロリコンの俺には最高の臭いであり、一気に興奮度が増した(笑)

後ろから子供用の様な小さいブラジャーを外し、マシュマロの様な脹らみ柔らかさの乳房を鷲掴みにしながら
小さなロリマンの入り口にガチガチジュニアを捩じ込んだ

すっかり大人しくなっていた少女が、途端に身を捩りながら
「ぎゃ・・ちょっと・・いたっ・・痛いよ・・うそだ・・」
「うそだ・・痛いよ・・痛い・・イヤーだー!・・やめてよ」
「ぎゃー!痛いよー・・やだよ・・お願い・・もうやめて!」
哀願する少女の小さな体を押さえ付け、一気にジュニアを奥まで捩じ込んだ
「ぎゃ!ぎゃあーー!痛い痛い痛い!・・ママ・・助けて・・」
啜り泣く少女のマン内に大量の白濁液を流し込み、呆然とヒンヒン泣いている少女に一言・・

「ガキが大人を誘惑したり、おちょくったりしてんじゃねーよ!でも良かったな!小学生で大人になれたじゃん!俺に感謝しろよ!」
と言葉を吐き捨て、素早く現場を後にした・・

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年5月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

他サイトの更新情報