2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

家出したらお姉さんに拾われた萌えエロ話

この記事の所要時間: 1152

お姉さんは奥
俺は手前

七日間続いたお伽話も今日で終わる

明日、目が覚めたら
お姉さんが仕事に行くついでに俺は帰る

嫌だ
帰りたくない
ずっとここにいたい

そう考えても意味がない
言えない気持ち

言ってもお姉さんが困るだけだ

撫でる髪は今日も柔らかい
お姉さんの綺麗な髪は今日もいい匂いがする

ずっと撫でていたい

ずっと傍にいたい

どうして俺は十五歳なんだろうなんて
どうしようもないことに苛立った

お姉さん、お姉さん

「なあ」

答えられなかった

今口にしたら、なにかを言葉にしたら

一緒に涙まで出てしまう

「この前の続き、しよか」

 

「目、つぶってや」

言われたままに目をつぶる

布団が浮いて、冷たい空気が入り込んできた

ぱさり、と

絹擦れの音が聞こえた

「ええよ、開けて」

カーテンの隙間から通る傾いた月の光がお姉さんを照らしていた

それはとても幻想的で
物語の中だけでしか見られない存在に思えた

肌が白く輝いて
髪が淡く煌めいて

「綺麗です」

「ありがと」

「うちな、この前みたいなんも好きやけど、今日は普通にしたいかな」

「はい」

「やから、今日は君が頑張ってな」

「はい」

「ははっ」

「ええこやな」

キス

 

お姉さんが上でこそあれ
重ねるだけの普通のキスをして

お姉さんは横になった

俺は興奮の中で混乱することなく
きっとそれはお姉さんのお陰なんだけど

自分からお姉さんにキスをする

感情をいっぱい込めてキスをする

好きという気持ちが伝わるように
伝えるようにキスをする

舌を入れて
お姉さんがしてくれたみたいに舐めあげていく

乱雑にすることなく
ゆっくりと
愛でるように

全ては愛でるために

たまに、お姉さんが息を漏らす
たまに、お姉さんが体を震わす

舌と舌がもつれあい
唾液がお姉さんと行き交って
一つに溶けていく

「好きです」

離れて囁くと

意外にもお姉さんは呆気にとられて
恥ずかしそうに顔を背けた

「知っとるわ、アホ」

本当に、俺は心からお姉さんが好きだ

 

お姉さんの胸に手を伸ばす
触れるのは二度目
それでも喜びは尽きない

男の喜びが詰まっているようだった
でもなによりも
お姉さんの胸だからこんなにも嬉しいんだろうと思った

触れると、それが丁度性感帯に当たったのか

「んっ」

お姉さんが喘ぐ

既に乳首は固くなっているように思えた
その判断がつかない辺り童貞だけど
そんな気のする固さだった

口を近づけていって、舌先で舐める

お姉さんがぴくりと跳ねた

嫌がられることがないと知って、気が軽くなる

突起を口に含んで小さく吸う

お姉さんの体が小さく喜ぶ

口の中で転がすように遊んだ
どうしてそうしたくなるのかわからなかったけど、すぐにわかった

「んぅ」

お姉さんが喘ぐ
それはきっと感じてくれているからだ

俺はお姉さんが喜ぶことをしたい
もっと、お姉さんを感じさせたい

 

胸を触りながら、そこに意識する
全く未経験の、そこ

もっと下にある未知の領域

触っていいのだろうかと考えて、振り払う
ここまでしてくれていて、いけないはずがない

それをお姉さんに聞くのはきっといいことじゃない

右手をお姉さんの太ももにあてた
それだけで感じ取ってくれたのか、少しだけ

本当に少しだけど、お姉さんは足を開く

緊張する
この上なく緊張する
色んな意味で爆発しそうだ

けれど理性で必死に抑えつけた
欲望のままに暴走したら、お姉さんを喜ばせられない気がした

けど、お姉さんはそんな俺はお見通しだと言うように

両手で俺の顔を引き寄せて、耳にキスをした後

「さわってええよ」

細く囁いた

いっそのこと一気に結合してしまいたくなったが
それを止めたのは理性というよりも

多分、愛情だった

太ももからなぞるように手を持っていき
そこに触れる

それだけでお姉さんが震えて

既に溢れた液に導かれるまま
俺はゆっくりと指を入れていく

お姉さんの声が次第に膨らんでいく
声を殺すのも、億劫なほどに

 

指を埋めた肉厚のはずなのに
指に埋もれた肉厚と考えてしまうのは
それだけ女性器の中が神秘だからなのか

どこをどうすればお姉さんが感じてくれるのかわからず
ひとしきり指を動かしてみる

たまに、だけど

ちょうどいいところなのか
一際お姉さんが喜び震える場所があった

それを幾度も試して
どこなのか突き止めて
ようやく場所がわかって

押し上げる

お姉さんの腰が浮く
明らかに違った声色が響く
気持ちよさのあまり綺麗から遠ざかった声を漏らす

だけど、俺にはやっぱり綺麗だった

とてもとても綺麗だった

綺麗という言葉しか思いつかないことが申し訳なるくらい

もう一本指を入れて
お姉さんが一番悦ぶところを押し上げる
救い上げるように
引っ張り出すように

「だ、めっ」

お姉さんが発した言葉は
あの日俺が発した意味と同じなのだと知って

ああ、そうだね、お姉さんと俺は納得した

これはやめられない

 

あの時のお姉さんの気持ちがわかる
遅れて共感できたことが嬉しかった

お姉さんはこんな気持ちで俺を攻めていたのだろう
どこか嗜虐的な、歪んだ気持ちで

だけど
だけどきっと

今の俺と同じような気持ちだったと信じたい

もっと、もっと、喜んでほしいと願う心があったのだろうと

掻き回す指に連鎖してお姉さんが声を出す
偽りのない性的な声に興奮も高まっていく
気づけば汗でぐっしょりと湿っていた
指を動かす度に淫らな音が響き渡る

自分の行いで快楽に身悶えるお姉さんが愛らしい
もっと、もっと愛でていたい
好きという気持ちに際限がないように
ずっとこのままでいたいと思う

強く、抱きしめて

「もうっ」

荒く、かき乱して

優しく、囁いて

「好きです」

「んんっ――」

糸切れた人形のようにお姉さんが固まる
腰を中に浮かせたまま、電気信号のように身体が跳ねた

くて、と横たわったお姉さんは顔を腕で隠して息を荒くしていた

「ははっ」

荒げた息の間でお姉さんは

「イカされてもたわ」

少女のように、照れていた

 

「お姉さん」

「ん?」

「入れていいですか?」

「え、う、今? 今なあ……」

当時の俺にはお姉さんがなんで躊躇うのかわからなかった
それも、今、という限定で
今ならわかるけど

「よし、ええよ、入れて」

なにかしらの覚悟を決めたお姉さんに了承を得て
俺はパンツを下ろしてそれを出す

「ゴムだけはちゃんとしよな」

「もちろんです」

「つけれる?」

「授業で習いました」

冷静に答えてみるものの
渡されたゴムを上手くつけられない

「ははっ、こういうとこはやっぱ初物やな」

「初物って」

「ええよ、つけたる」

「すみません」

膝立てをして性器を晒す
恥ずかしさが二乗して襲ってきた

お姉さんは俺からゴムを取ると

「これも男のこの夢やったっけ?」

と聞いてきた

なんのことだろうと思っていたら

お姉さんはゴムをはめるより前に俺の興奮したそれを口に含んだ

 

わざとだろうか
激しく音を立てて、寧ろそれが目的のように吸い尽くす
このまま続けられたまたイってしまう

「お姉さん、やめ、て」

「わかっとるよ」

今回は素直に引いてくれたので安心する
お姉さんはゴムを取り出してなにかをしている

するとまた俺のを口に含んだ

気持ちよさに震えるがそれ以上に違和感があった

どうやっているのは不思議だけどお姉さんは器用に口でゴムをつけた

「ふう、上手くいった」

「どうやるんですか、それ」

「君は知る必要ないやろ、男やねんから」

「そりゃそうなんですが」

「まああれやな。男もアホなこと覚えとるように、女もアホなこと覚えんねん」

「そういうもんですか」

ちょっと雰囲気が外れてしまったかに思えるが
俺は童貞で、なんだかんだでしたくてたまらない猿だ

お姉さんを押し倒す

「もう我慢できないです」

「そやな、ええよ」

自分のを持ってお姉さんの穴にあてがった
ここか?

「もうちょい下やな」

ずらすと確かにそれらしき窪みがある

「うん、そこ」

色んな感情が渦巻く中
俺はゆっくりと腰を落としていった

 

どんどんと沈み込んでいく中
入れる具合に反応してお姉さんの息が吐き出される

ゆっくり、ゆっくり
中はうねっていて奇妙だった
こんな快楽がこの世にあったんだと素直に感動した

暖かくて心地よい神秘の世界
お姉さんの全てが詰まった、一つの秘境

さっと血の気が引いた
やばい

やばい

やばい

「うあっ」

冗談だったらやめてほしいけど
なによりも俺が一番冗談じゃないと知っている

きょとんとしたお姉さん
恥ずかしくて速攻目を逸した

お姉さんはそんな俺を見て笑うでもなく

「しゃーないしゃーない、初めてやねんから」

と言ってくれた

「したりんやろ? もっかいしよか」

その言葉だけで再び性欲の熱が沸点を目指す

「あ……そのゴムラストや」

地獄に突き落とされる言葉ってこういう言葉かもしれない。

「ま、えっか。安全日やし。中に出したらあかんけど」

思考が固まった

 

「はい、抜いて」

言われるがままに抜くと、お姉さんが体を起こしてゴムを外す

「……生は恐い?」

「いや、あの、子供……」

「まあできんやろうけど、そやなあ。君って今なんのためにエッチしとるん?」

「それは」

単純に気持ちいいから
だけど多分、それ以上に
お姉さんとなにかを残したいから

「子作りのためちゃうやろ? やから、子供は気にせんでええよ」

「それに、まあ、できんやろうし」

お姉さんはそれをとても悲しそうに呟いた
ガキとはいえ、なぜそんなに悲しそうなのかと聞く気にはなれなかった

嫌な想像しか浮かばないけど

「うちは君と、ちゃんと繋がりたい。やから、しよ?」

「はい」

お姉さんは再び横になって

二度目ということもあり、スムーズにその場所へと持っていき

先ほどとは打って変わって

一気に突いた

根元まで挿入されると様々な感情が浮かび上がる
喜び、悦び、期待

そして、不安

最期の感情を振り払うように
一心不乱で腰を動かした

 

突くたびにお姉さんは喘ぐ
見られまいと顔を背けて

かなぐり捨てて動き続ける
お姉さんに全てを受け取って欲しくて

好きだから、ずっと一緒にいたい
けれど、お姉さんとずっと一緒にいられない

お姉さんはいつかまたと言ってくれたけど
お姉さんは本当にそう思ってくれたのだろうか

だとしても、お姉さんは綺麗だから
かっこいい男が現れたりするだろう

そんなの嫌だ
俺はお姉さんとこうしていたい

仕事して、遊んで、髪を撫でて

突く力が強まるのは、不安を吹き飛ばそうとする度合いだ
突くだけでなく、沢山キスをした

これが夢じゃないかと疑いたくない
これは本当のことだったと、なによりも自分に覚えててほしい

 

なんの壁もなく一つになっている

お姉さんと一つになっている

なっていたい

お姉さん

性器に溜まる欲望が急速に炙る
限界が近い

「イキ、そうです」

「うん、イキな」

「お姉さん」

「ん?」

「好きです」

お姉さんは突かれながらも

「うちもやで」

と微笑んだ

どくどくと溢れる熱量が
お姉さんのお腹にぶちまけられて冷えていく

疲れ果てた俺は倒れこむように横になった

「気持ちよかった?」

「はい……お姉さんは?」

「気持ちよかったにきまっとるやんか」

「よかった」

安心する
俺のしたことは喜んでもらえた

 

お姉さんに頼まれたのでティッシュを取る
ああ、そうか、こういうとこにも気を付けないと

お姉さんがティッシュで俺の精液を拭き取った

「こうせんと布団が汚れてまうからな」

「もう今日はこのまんま寝よ」

お姉さんが裸のまま抱きしめてきて
足も絡めてくる

それはつまりお姉さんの胸があたり
太ももにお姉さんの性器があたり
俺の性器も擦れるということで

「おお、もう復活したん」

「いえ、大丈夫です」

「……ええよ、いっぱいしよか」

結局、寝るまでに後三回した

合計すると五回も数時間で出したってことになるわけだから
若いって凄いな、と思う

ページ:
1 2 3 4 5 6

7

8 9
体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/05/07(木) 17:41:12 ID:MwMjQ3MzI

    感動しました

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/06/02(火) 00:08:57 ID:YyNDk5Mzc

    なんかむっちゃいい話ですね、感動しました

    • 名前: 九州
    • 投稿日:2015/06/28(日) 00:20:35 ID:M3MDY2MzI

    終盤の携帯番号の間抜けなオチが面白かったです

    文章力が有り羨ましく思います!

    これからも人を釣られ(笑)させる事沢山書いて下さいm(_ _)m

    • 名前: とら
    • 投稿日:2015/07/09(木) 18:28:09 ID:A2Mjc1NzA

    すごくよかったです
    久しぶりに人の人生に触れた
    感じがしました

    • 名前:
    • 投稿日:2015/07/11(土) 02:49:27 ID:Q4NjIyMzc

    面白かったです。

    • 名前: コバライネン
    • 投稿日:2015/07/26(日) 03:26:45 ID:k5MzgwNjI

    文に引き込まれました!
    ありがとうございます!

    • 名前:
    • 投稿日:2015/08/02(日) 22:33:28 ID:AzOTQxNDU

    感動しました。
    今後の方も頑張ってください

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2015/08/03(月) 00:16:35 ID:k0MTk1NDI

    凄く良かった 映画化しろよ

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2015/08/03(月) 00:25:10 ID:k0MTk1NDI

    結局釣りなんか がっかりやわ〜

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2015/08/06(木) 11:13:40 ID:QyMTE5MTg

    これが創作じゃないことを祈る(;´д`)

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/08/07(金) 21:27:23 ID:YzODQ4ODU

    お二人さんに会いたいわ〜

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/08/15(土) 22:48:51 ID:IxNjI0MjE

    すごく感動して2回読みました。お姉さんに会ってみたいです。これから頑張ってください( ^_^)/~~~

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/08/25(火) 09:41:35 ID:kyMDE3MjQ

    方言フェイクなんかな?フェイクじゃなかったらだいたい地方わかるかもw
    ほんとに感動しました!ありがとう!
    お二人の幸せ願ってます(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)੭✧

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/09/11(金) 03:56:17 ID:YwNTA5Mjg

    お幸せに( ̄▽ ̄)

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/09/15(火) 23:28:57 ID:M3NTAzNTM

    とても感動しました! これからもお幸せに!!

    • 名前: さとちん
    • 投稿日:2015/09/17(木) 11:55:03 ID:c1MzAwMDM

    この見たの5回目w何度見ても感動する、家出したくなるもんw

    会ってみてえなあ、2人に^ ^

    お幸せに〜

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/09/20(日) 00:28:57 ID:MzODQ1MzI

    嘘の番号教えられても、3年間待っててくれて、良かったね!
    とっても、良い話ありがとー

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/09/29(火) 02:49:28 ID:A1ODA4NTU

    釣りかよw

    でもめっちゃ感動した

    最高だったよ

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/11/14(土) 01:00:16 ID:k0NDY5Njk

    これ有名な2chのコピペじゃん
    許可取ったの?

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/11/17(火) 13:09:37 ID:YxNTE4OTA

    釣りであれ、コピペであれ素敵な話でした
    エロ目的で見てたのにここまで引き込まれるとは笑

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/11/20(金) 21:56:28 ID:M3NDQ5ODc

    みんな幸せであれ
    ありがとうございました

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/11/24(火) 19:49:52 ID:QwMTUyNjU

    エクセレント‼

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/01/01(金) 02:56:05 ID:ExNDM3ODM

    もうマジ神

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/01/04(月) 11:46:54 ID:UwOTQwMjU

    この話…映像化お願いしますm(_ _)m

    過去…不思議な話…ローリングサンダーくらいかな…しかし、この話…もっとサイバー的だった

    こんな話…なかなかないです(^_^)v

    ボクの時代のサイバーパンクな話…彷彿しながら…人情系!?って …考えていたけど…ボクは…できずでした…がんばって下さい(。・_・。)ノ

    こんな話…まだ作れる人いたんだ…人生永く生きて見るもんだな…

    • 名前: ヒロ
    • 投稿日:2016/02/18(木) 17:51:11 ID:U1OTgyNzQ

    続きが気に成るケド、面白かったです。
    早く夫婦に成れたら良いですねぇ♪

    • 名前: オドアケル
    • 投稿日:2016/03/30(水) 18:07:58 ID:MwMTc5NTY

    なんか、ドラマチッストリー
    人間味溢れてとても、感激致した。
    僕も貴方みたいな男性になりたいです。

    • 名前: 小学六年生です「ガチでw
    • 投稿日:2016/04/04(月) 02:24:11 ID:E1MzA5MjQ

    続きが気になる。まぁ話良かったしいい。幸せになれること祈ってます!「小学六年生w

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/04/04(月) 10:25:04 ID:IzMjA2MTI

    今夜のおかずにしようと見てみたら
    泣かせられたわwww

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/04/09(土) 16:32:34 ID:QyNDc2NzQ

    都合 三回も読んでもうたやろwww
     ええ話や 

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/05/01(日) 02:38:20 ID:E4OTI3MjM

    本物だたら、君生きてないね笑
    釣り乙

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/06/11(土) 23:38:07 ID:E3MzE1MTQ

    嘘でも何でも良いけどこの話が本になって書店にあったら買ってるわ

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/06/19(日) 12:46:28 ID:k4ODY4NDY

    最高に良い出会いをしたと感動しました。奥様が羨ましいかぎりですわ。僕はお酒は飲めませんが、関西の何処に店があるのでしょうか?ぜひ濃いコーヒーを飲みに行きたいです。

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/06/28(火) 15:47:46 ID:A2MTA4Nzc

    ええ話やん

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/08/14(日) 17:59:40 ID:A5OTc5NjI

    感動した笑
    お姉さんいい人だしね
    ドラマに出来るよ笑

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/08/19(金) 23:12:10 ID:EwODY3Nzc

    最後の「釣り」という単語が出て殴ろうと思ったけど
    なんか泣けてきた;つД`)

      • 名前: 名無しさん
      • 投稿日:2016/08/19(金) 23:13:43 ID:EwODY3Nzc

      ありがとう。

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/10/02(日) 22:23:04 ID:Q3NDE3NDc

    ハルキみたいに引き込まれた。

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/12/08(木) 01:58:31 ID:Q1Mjk1ODQ

    久しぶりに泣いた(´;ω;`)
    書籍化希望
    真っ先に買いますわw

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2016/12/31(土) 22:22:28 ID:U1MzczNDU

    映画を観た後のような気持ちになってる。この話を映像化するならタレントは誰にするか考えてる。いやぁマジ感動した。

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2017/01/26(木) 03:37:58 ID:U1NTAyNDc

    ほんと最高に素晴らしかった。

    • 名前: 七4
    • 投稿日:2017/02/02(木) 04:21:35 ID:Y0OTAwMzc

    すげぇ感動しました実は私、生まれつき病気で今中2です。正直凄く病んでます。こんな風な未来が築けるよう頑張ルンバ(笑)良い話をありがとうです!

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2017/03/03(金) 17:59:15 ID:U0NDUzOTU

    3回も読んだわw/いい話y

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2017/03/18(土) 14:18:18 ID:YwNzc3MzU

    あまりにも情景や感情描写が上手すぎて、本当にこれ体験談か?!と違和感感じてたけど、やっぱ釣りかーwwwでもいいはなしだったからヨシ!!文章上手すぎ!!!

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2017/07/05(水) 18:42:27 ID:YzNDMwODM

    いい話だった
    もも三回も読んだ
    感動しました
    コピペでもなんでも二人とも幸せに!

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2017/07/17(月) 08:06:39 ID:Y3ODQ0OTc

    これが実話なら感動物ですな。
    用意したティッシュで涙拭きましたわ。

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2017/11/23(木) 20:40:00 ID:U5MTUwNDk

    これ2chで見たけど好きなやつだ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

他サイトの更新情報