2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

嫁が元彼と行った性行為

この記事の所要時間: 342

【投稿者名】マンボウ  【性別】男性 :2015/01/25 18:48:56

 

愛する嫁さんの過去のセックスを見た事があるかい?

嫁と結婚したのは10年前、俺が28歳で嫁は24歳だった。

2年交際したから出会ったのは嫁が22歳、嫁が大学を出てすぐだった。

真面目で大人しく、清純そうな嫁でも大学時代に恋はしたらしくセックスは知っていた。

でも、大学卒で処女はないなと思っていたから別に気にしなかった。

 

俺は次男坊なので、嫁の実家をリフォームしてマスオさん状態になることにしたのが5年前、嫁が2人目の子供を妊娠したからだった。

嫁の部屋を片付けていた時、不燃物の中に懐かしいPCカードを発見した。

40MBの物が2枚あった。

俺は何気にそれを盗み出して不燃物の袋を閉じた。

間もなく嫁は出産のために入院した。

 

上の子を嫁の実家に預けて仕事をしていた俺は、PCカードをスロットルに入れてフォルダを開いた。

1枚300~500kBのデジカメデータがずらっとあった。

PCカードに記録された日付から、撮影は少なくとも妻が大学2年の冬以前である事がわかった。

スライドショーモードにしてデータを開けてみた。

まだ幼さの残る清純な乙女のような嫁の猥褻写真だった。

妻はまだ綺麗な女陰を指で広げて中身を見せていた。

ヒダがほとんどない綺麗な女陰だった。

その女陰を弄られて半開きの口でアヘ顔を晒す嫁の恥穴に、生肉棒が突き刺ささろうとして、やがて半分、そして根元まで突き刺さった写真が現れた。

その肉棒は赤黒い血液に染まって行った。

若い嫁は、眉間にシワを寄せて破瓜の痛みに耐えているように見えた。

最後、肉棒から解き放たれた精液が嫁の股間に振りかけられた映像でそのフォルダは終わっていた。

 

他のフォルダは、嫁とその彼氏が激しく交わる様子が、カメラを固定して撮影されていた。

男の左手にはリモコンらしきものが見えた。

生の肉棒が嫁の恥穴を抉っていた。

肉棒にベロンと嫁の女陰がまとわり付いていた。

シーツを握り締めて善がる嫁を見るに、これは既に快感を知った後のように見えた。

もうひとつのPCカードには、メディアプレーヤーで再生される動画が入っていた。

40MBで僅か数分の荒い画像だったが、彼氏に抱かれて、嫁が、

「アアン、アアン、好きよ、大好き、アアン、気持ちイイ、アア、アア、中に欲しい、私の中に出して・・・」

微かに聞こえる嫁の声に反して、彼氏は妊娠を避けて嫁の腹部へ射精していた。

この時嫁は、二人目の俺の子供を出産中だった。

俺は、PCカードを半分に叩き折り、更に金槌でぐしゃぐしゃに破壊した。

嫁は、清純な顔で俺の肉棒に頬ずりして、清純な顔で肉棒を頬張る。

俺に抱かれて狂ったように快感を貪る。

俺に抱きつき激しく腰を振る。

でも、嫁の体を開発したのは俺じゃない。

そのことが悔しいような気がした。

 

俺はあれ以来、嫁の女陰を舐める時、嫁の恥穴を覗きながら、昔、この穴を出入りした生肉棒を思い出していた。

若かった嫁の体を堪能した男は、一体何回この穴に肉棒を抜き差ししたんだろう。

中に欲しがった嫁の意思に反して中出しを避けた紳士的な男を、嫁は好きだと言いながら抱かれていた。

今はそんな事には嫉妬しない。

いつまでも純情な清純派の嫁の恥穴は、今は俺の肉棒専用だからだ。

それよりも、嫁と彼氏は愛し合ったまま別れたのかが気になった。

 

そんな事を思いながら、結婚して10年間も俺に体を委ねて続ける嫁を抱きながら、快感に喘ぐ嫁が可愛くて仕方がなくなるのだ。

もう、あのPCカードにあった画像のような純情な女陰じゃない。

俺の肉棒に突かれ続けた嫁の女陰はすっかりドドメ色になったが、俺の肉棒は嫁の恥穴に挿し込まれる度に恥穴から上がる飛沫で赤黒く変色して行った。

きっと、今撮影したら、ドドメ色の女陰に赤黒い肉棒がともに愛液に光りながらグロテスクな姿を見せるのだろうと思った。

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

他サイトの更新情報