2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

【エッチ体験談・全三話の2】今日は反撃してやろうと決心していたが・・・

この記事の所要時間: 123

908 名前:貼り尾 ◆aTPIyFleM. :04/10/12 11:18:21 ID:LwKh6GvN

今日は軽く食事したあと、ラブホ街に向かいました。

トイレは食事後に済ませておきました。

今度は不意打ちされるのを防ごうと思ったからです。

トイレでしゃがんでいる間に携帯でこのスレを見て

今日は反撃してやろうと決心しました。

ホテルに入ってフロントに上がるエレベーターの中でまず彼女が先制攻撃をかけてきました。

ドアが閉まったとたんにしゃがみ込んでサンダルのベルトのよじれを直してたかと思うと

突然Gパンの上からチンコをガブっと‥‥。

今までエレベーターの中では女と抱きあってキスするか

女を後ろから抱きしめて体を触りまくる経験くらいしかなかったので

不意をつかれて焦りました。

歯を立てられたけど厚いデニムの生地越しだと丁度よい刺激だったので、

もともと勃ってしまっていた俺は軽く声を出してしまいました。

食事中は大人しかった彼女の目がこの間のように熱っぽく変わっています。

先制攻撃で気を良くしたのか、ロビーで部屋を選んでいる間も尻を触られっぱなし。

カウンターでチェックインをしてる間も、俺が財布を出して金を払っている間

両手を使えないことを良いことに、俺の後ろに隠れるふりをして俺のチンコを揉んできます。

部屋に上がるエレベーターに入った瞬間、俺は反撃に出ました。

体当たりするように彼女を壁に押し付け、硬くなったチンコを押し当てながら

彼女の唇に唇を重ねて、スカートをめくり上げて太ももを撫で回します。

彼女の目を見たら真ん丸に開かれていました。

多分、予想外の展開だったんでしょう。

舌を入れられないようにしながら彼女の口の中に舌を入れ舌の裏側を舐め回す。

彼女が目を閉じたのを見て俺はイケる!と思いました。

部屋の階について部屋の前まで歩くのも同じ体勢。

俺は強気で彼女を押しまくり、彼女は俺の首に両腕を回したまま

目をつぶって後ろ向きに歩かされていました。

そのまま部屋に入り、唇を合わせたまま彼女をソファーに押し倒す。

俺はメチャクチャに興奮していました。

何だかレイプみたいだなーとは思いましたが、俺はそのまま押し切る気でした。

目をつぶったままの彼女の腕にますます力が入り、頬が紅くなっている。

俺は彼女の上にまたがってセーターの上から胸を揉みながら

彼女の足を開かせて、Gパンも脱がずに硬くなったチンコを

パンストの上から彼女のマンコに擦り付けました。

擦り付けるごとに彼女の鼻から鼻息とともに「ンッ、ンッ、ンッ」と

短い声が漏れ出しています。

しばらくの間そんな乱暴な事をしていた俺は片手でGパンとトランクスを下ろし、

蹴るように脱ぎ捨てると自分から彼女の手首を握ってチンコを触らせてみました。

彼女はこの間と違って遠慮がちに触ってきました。

握ったりもせずに、手の平で触るだけです。

揉んだり撫でたりもしません。

触った瞬間にもう片方の手の力が抜け、俺の首から滑り落ちます。

俺はさらにいい気になって、触っているだけの彼女の手を握り

指を回させてチンコをしっかりと握らせてみました。

でも、手を離すと握っている指の力は抜けてしまう。

時々、彼女の舌を舐めるときに反射的に力が入るだけです。

俺はもっと乱暴にいく事にしました。

ソファーのクッションを彼女の頭の下に敷いて頭を浮かせると

彼女の頭の上にまたがって、興奮しきって硬くなったチンコを彼女の口に挿入したのです。

彼女は全く嫌がりもせずに従いました。

彼女が嫌がってなさそうなのを確認して俺は腰を動かし始めました。

眉間をしわ寄せているけど、抵抗もせずにチンコに舌を絡めてくる。

両手は俺の腰を持つように支えていて彼女の荒い鼻息が俺の陰毛に当たります。

俺はそのまま身をひねって彼女のスカートを捲り上げると

彼女の下着の中に手を滑り込ませてマンコを触ってみました。

触った瞬間、彼女が鼻声をあげて、太ももがキュっと擦りあわされました。

もの凄く濡れています。

俺はそれを触って指を濡らしたあとクリトリスを探って指の先で撫ではじめました。

彼女の鼻声が高くなり、腰に当てられた指が腰をつかむように握られます。

撫でてる間に彼女の脚が開いたり閉じたりし始めたころに

俺は腰を動かしながら彼女のマンコの中に指を滑り込ませました。

そのまま指を軽く折り曲げて、彼女の体の中の柔らかい肉をゆっくりと押し上げ始めます。

彼女の鼻声はより高く切なげになりました。

腰を動かしながら上体を後ろにねじってのこのスタイルを長く続けているのは

34になった今ではちょっと辛いものがありました(w

ソファーの上って足元が柔らかいから不安定ですし。

だから俺は彼女の手を取って自分で触らせることにしました。

そうした方が俺も興奮できるし。

俺はもう彼女の口の中に射精するつもりで彼女に覆いかぶさるように

上体を倒すとソファーのひじ掛けに両手を付いてより早く腰を動かし始めました。

口を激しく犯されているというのに彼女はまったく抵抗しませんでした。

唇をすぼめながら懸命に歯を立てないよう努力している様子です。

その切ないような諦めの表情をみて、俺はすっかり勝利を確信して

心の隅でバイブや縄を持って来なかったことを少し悔やんでいました。

とにかく俺は彼女の口の中に射精しようと腰の動きを速めました。

その時です。

俺のアナルに彼女の中指の先が当たりました。

彼女が自分のマムコの中に入っていた指を抜いて当てたんです。

その中指は入り口に当てられただけでは止まらず、

そのまま俺の肛門の中に力任せに入り始めました。

俺は腰を前に出して逃げようとしましたが

チンコが彼女の口の中に入っているために前に逃げることが出来ない。

その間にも彼女の中指はどんどん肛門に入ってきます。

前に指を入れられたときよりも深かったらしく、咽喉の奥まで指が届いたような

そんな気がしました。

よく女が大きいチンコを挿入されてそんな事を言っているのを

「本当かよ」と思って聞いていましたが、あれと同じなのかも知れないですね。

止めてと言いたくても言葉が喋れない。

ハッハッと大きく息をするだけです。

そして俺が彼女の手首を掴んで、力で抜こうと思い立った瞬間

彼女の中指が俺の体の中で大きく曲げられました‥‥。

指を曲げられた瞬間、俺は身動きが出来なくなりました。

体が不安定になるのでしっかりとソファーのひじ掛けに手を付いて体を支えているのが精一杯。

耐える事しか出来ません。

肛門に力を入れると圧迫感が増えますが、肛門を緩めると楽になるのに気付きました。

が、肛門をゆるめたとたんに彼女が手首を左右に回転させ始めたので

曲げられた指先が俺の腸の中をかきまわし、俺の意に反して咽喉の奥から

か細い「ぁぁぁぁぁぁ」という声が漏れてしまう。

口を閉じてこらえようとしても、自然に口が開いて声が止まりません。

俺は何もすることが出来ず四つんばいで体をこわばらせながら

彼女の指一本で自分の体の全部を支配された気分になっていました。

腸内を刺激されているうちにチンコの感覚が変になって来ました。

硬さが少なくなるのに反して、亀頭の触覚が増して来たんです。

気持ちが良いのを通り越して、痛いような気持ち良すぎるような‥‥。

射精した後に亀頭に触った時の感触に似ているかも知れません。

あれは皮膚の表面だけの感覚ですが、あれのもっと深いぶぶんまで届くような感覚です。

でも、不快かと言うとそうでもない。

止めて欲しいような続けて欲しいようなそんな気持ちでした。

そんな俺のチンコをくわえさせられていた彼女が積極的に責め始めてきました。

俺が腰を動かせないかわりに首を動かして、舌で亀頭を口の上の方に押し当てる。

さっきまではただ耐えていただけなのに、微妙な強さで柔らかいチンコを吸い始める。

敏感になっているチンコを責められ、俺が腰を引いて逃げようとすると

俺の体の中に入った指が激しく動く。

それから逃げようと腰を前に出すと敏感な亀頭が彼女の口の中で締め上げられる。

「止めて」と言いたくても息をするだけで俺は精一杯でした‥‥。

言葉もしゃべれない。

亀頭への刺激が強過ぎてイクことも出来ない。

彼女がチンコを口から出して、俺の肛門から指を抜いたとき

そんな責めを長い間受けていた俺は腰を高く上げたままで

ソファーの上に突っ伏してしまいました。

目を閉じて肩で息をして呼吸を整えるのが精一杯です。

多分、顔は見れませんでしたが彼女はもうその頃には平常に戻っていたでしょう。

ひょっとしたら勝ち誇った表情で俺を見下ろしていたのかも知れません。

俺は息を整えようと必死でした。

しかし日ごろの運動不足がたたってなかなか息が整わない(w

確か息を整えて何か彼女に言おうとしてたんですが、もう忘れてしまって思い出せません。

とにかく彼女に何か言おうとした瞬間に、俺は尻に彼女の髪がかかるのを感じて

尖った舌先がアナルを舐め上げたので、物凄く間抜けな高い声を出してしまったのです。

「汚いだろ!止めろよ!そこまでしてくれなくてもいいから!

気持ち良いし嬉しいけど、お前に申し訳ないよ!」 ‥‥そう言いたかったです。

言葉を喋れれば。

でも彼女がしっかりと腰を抱き、尖った舌先がだんだんとアナルの中に入ってきて

俺はクッションに顔を埋めて生地を噛み、必死に声を殺そうとする事しかできませんでした。

今までそんなことした事もなかったし、もちろんされた事もなかった。

指責めの後で力が入らない俺のアナルに舌がどんどん深く入ってきます。

実際はちょっとしか入っていなかったんだろうけど

その時の俺には指で責められたのと同じくらい深い場所を舐められているような気持ちでいました。

それと同時に彼女が指先でチンコの付け根のあたりを撫で上げてくる。

猫の咽喉をなでるようなあんな感じです。

これは反則です‥‥。

チンコがピクンと反応してアナルがキュっと縮まってしまう。

そのたびに彼女の舌の動きを強く感じざるを得ない。

彼女に撫でられて俺は体をくねらせながら耐えていました‥‥。

アナルを舐め続ける彼女は絶え間なく唾液を出していました。

おかげで俺の下半身は彼女の唾液でベトベトになっていました。

最初は指先だけでチンコの付け根あたりを撫でていた手が手の平全体で

俺の下半身を撫でながら唾液を玉、チンコへと広めていきます。

そしてだんだん撫で回す場所がチンコへ移っていき

最後にはしっかりとチンコを握られてしまいました。

その手がゆっくりと唾液の滑りを利用して動き始めます。

手の平全体で握りしめるように、そして時には亀頭を撫で回すように。

指責めで一度柔らかくなっていた俺のチンコは、また硬くなっていました。

突然、俺が顔を埋めていたクッションが無くなりました。

彼女が引っ張って投げてしまったのです。

声を殺す手段を失って俺はまた情けない声を垂れ流していました‥‥。

そんな事が長い間続きました。

ゆっくりと動く彼女の手がとてももどかしい。

と、彼女の舌がアナルから離れました。

そして背後でもう片方の手に唾液を吐きかける音がする。

ホテルに入ってから一言も喋っていなかった彼女が初めて喋りました。

「××××クンのおちんちん、見てごらん」

俺は言われるがままに自分のチンコを見ました。

俺のチンコが彼女の唾液でヌルヌル光っていました。

そのチンコを俺の股の間から差し込まれた彼女の手が握ってシゴいています。

そこへ腰の方から回されたもう片方の手が絡みついてきて

亀頭の先を撫で回す‥‥彼女の手も唾液で光ってとてもいやらしい光景でした。

彼女の手に弄ばれているチンコは右を向いたり左を向いたり‥‥。

俺はそんな光景から目を離すことが出来ずに、馬鹿みたいに眺めていました。

と、目を見開いて声を出し続けている俺に彼女が一言。

「ほら、もう出ちゃうから見てて」

言い終わるが早いか彼女はまた俺のアナルに吸い付いてきました。

さっきみたいに舌先で舐めるのでなく、唇で吸い付いて狂ったように舐めるのです。

彼女も興奮しているのか鼻でなく、口で荒い息をしている。

彼女の呼吸に合わせて俺のアナルが暖かくなったり

ゾクっとするほど冷たくなったりする。

後から参加した方の手は腕ごと俺の太ももにしっかりと巻かれていました。

そして右手が物凄いスピードで動いている。

オナニーしてる時とそんなに変わらない光景だなと

俺は変なことを考えていましたが、確かに光景はそんなに変わらないかも知れないけど

比べ物にならないほどエロい光景です。

そして彼女の手の動きがより速くなり、また再び彼女の舌が差し込まれた瞬間

俺は思わず「出る!」と言い、彼女が力をこめてチンコを握る。

それと同時にチンコがビクンと動きました。

二度、三度。

でも何故か射精しません。

あれ?と思った瞬間、尿道の先に白く精子の大きなかたまりが膨らみ

飛ばずにペトンとソファーに落ちました。

本当に大きなかたまりでした‥‥。

彼女は尻を高く上げたままの俺のチンコを握って離さずに俺に身を預け

しばらくの間二人とも荒い息のままその格好でソファーの上でじっとしてました。

さて、その後ですが‥‥。

完全に彼女まかせでした。

俺は完全にお客様で、ソファーに垂れた精液を彼女が拭き

チンコもフェラできれいにしてもらって、コンドームを付けてもらって

対面座位で二回戦目に突入しました。

あれは対面座位とは言わないのかな?

向かい合った彼女が俺にまたがって挿入して、俺に抱きついてこないで

後ろに手を付いて腰を振る形です。

俺のチンコが入っているマンコが彼女の腰の動きに合わせてめくれたり縮まったりするのが見えて

物凄くエロい光景でした。

彼女は腰を振りながら「入ってる? ね。 入ってる?」と切なそうに聞いてきて

俺は口が乾いていたのでかすれた声で「うん、入ってるよ」と答えていました。

不思議なことに本カノとそういう体勢でやっている時は

俺も腰を動かして突き上げたりするのに、彼女としている時は

全くそういう気が起こらないんです。

彼女が当てたい場所に自由に当てられるようにじっと耐えているだけ。

結合部を見続けたままじっとしていました。

やがて彼女が抱きついてきて小さな声で「イク」とひとこと言って

俺の肩に歯を当てながら体を硬直されて静かになってしまいました。

結局、ベッドは使わないまま。

シャワーを浴びた後に服を着て二人で横になって腕まくらしてもらって寝た時だけです。

俺はセーターの上から彼女の胸に顔を埋めて時間までボーっとしてました。

昨日の夜中に彼女からメールが届いていました。

「このあいだは興奮したよ!また遊ばせてね」

‥‥遊んでねじゃなくて「遊ばせてね」ですか‥‥(TДT)アウー

とりあえず‥‥まだ逆襲の方法も募集中です‥‥。

■第二話・完

エッチ体験談・全三話

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?
 閲覧回数:3,354 PV
評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  , 

オススメ記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

他サイトの更新情報