2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

中学時代に女友達と恥ずかしいところを教室で見せ合った話

この記事の所要時間: 246

投稿者名:エッチな名無しさん
性別:男性
題名:中学時代に教室で見せ合った話
投稿日:2017/01/03 09:17:44

 

中三の時の話です。
当時自分は、思春期真っ只中で教室でオナったり
する変態でした。
ある日、同級生の優衣に社会の勉強を教えることになりました。 優衣は低身長で貧乳でそれなりに顔が可愛かったので、ロリコンの自分はオナネタに使ってたりしました。
優衣は異性に対して結構無防備で、教科書を一緒に読む時に腕にくっついてきて胸が当たったりしていました。(貧乳)
それでも数少ない理性で我慢していたのですが、
優衣が椅子の上に足をおいた際、スパッツと若干はみ出した白い布地、そして食い込んだすじが見えてしまい我慢できなくなりました。
優衣とは朝早くに学校で勉強するのが普通だったので、そこに狙いを定めました。
小手調べに、優衣の太ももに手を置いてみたら、
何も言われなかったので、だんだんエスカレートしていきました。
お尻を揉んだり、胸を触ったり、膝の上に座らせて筋を触ったり。ひどい時には、スパッツを脱がせて触ったりもしていました。
しかし、興奮し過ぎて優衣に勃起していることがバレてしまいました。

「ねぇ、アソコが大きくなってるけど、興奮してるの…?」と言われた自分は、もう理性が働かなくなっていて、優衣に股間を押し当てました。
すると優衣が「触ってみてもいい?」と聞いてきたので、ファスナーを下げて大きくなったソレを見せました。
優衣はしばらく玉や竿、亀頭を触っていました。
自分はもう我慢できなくて、優衣のスパッツを下げて優衣の股間を触ったり、胸を触っていました。
すると優衣が「直接触る?」と神のような言葉を投げかけてきたので、下着も下ろして直接股間を触りました。
優衣のマンコは少しだけ毛が生えていて、真っ白でとても綺麗でした。
こうして触りあってると自分のソレは限界近くになって、我慢汁が溢れてくるようになりました。
すると優衣も察したみたいで、自分のソレを握ってぎこちない手つきで擦り始めました。
しかし、マンコの感触とソレへの刺激で脳内の興奮は最高潮に達してました。
だんだん刺激が強くなっていって遂に射精しました。
精液が優衣の顔面と制服に掛かって凄まじくエロい光景になってました。
すると優衣が「精液めっちゃ掛かったんだけど~
片付けどうしよう」
と言ったので時間を確認してみると、そろそろ生徒が来始める時間だったので、急いで精液を拭き取ってどうにかして臭いを消しました。

どうにかクラスメートにはバレずに済んだのですが、優衣の制服に白い跡が残っていて、友達に聞かれていたりしました。
その度自分に恨めしそうな表情を送っていたのですが可愛いものです。笑
その後も女子トイレでオナニーの見せ合いをしたり、素股をしてもらったりとそういう関係になったのですが、一回優衣の友達に見つかってから、その関係は終わりになってしまいました。(友達には黙ってもらった)
同じ高校に進学出来たもののもう一度関係が出来るわけでもなくやきもきしていました。
しかしなんやかんやあって教室でオナってる優衣の姿を見つけて、童貞卒業したのはまた別の機会に。

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

他サイトの更新情報