2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

あたし、お兄ちゃんから離れられない

この記事の所要時間: 223

「なんだよ、いきなり」

「だってさ、あたし達って顔がおんなじで、この間まで体つきもおんなじで、

ほとんど見分けがつかないくらいだったのにさ、いつのまにかこんなに違ってきちゃったんだなぁって、思ってさ」

としんみりした口調で妹が言った。

その言葉にオレは顔を上げると、脱衣所の大きな姿見に、同じ顔をした、一方はごつごつした骨っぽい身体が、

片方は少し背が低くて柔らかな丸みをおび、胸も大きく膨らんだ身体が、並んで映っていた。

「おい、なにすんだよ」

「お兄ちゃんがオトコだってこと、あたしがオンナだってこと、わからせてよ。

そうでないと、あたし、お兄ちゃんから離れられない」

そう裸の胸を押し付けながらしがみついてくるので、オレも「じゃ、教えてやるよ」と言って、

自分のTシャツとパンツを脱いで、ベッドの上に起き上がった。

オレの股間は、さっきからの妹の甘い女の匂いと、妹の胸の感触で、大きくそそりたっていた。

パンツ一枚の姿でベッドの上に起き上がった妹に、

「見ろよ。これがオトコなんだよ。お前の身体に感じて、こんなになってんだよ」と見せつけた。

「すごいおっきい。でも、こんなふうになってるのは、あたしに感じてるからなの」

「そうだよ、オンナのお前の身体の中に入りたくて、こんなふうに硬くなってんだよ」

そう言って、オレは妹の手を取って、オレのそそり立ったモノを握らせた。

オレに胸をもまれながら、妹は感じているのかいつのまにか目を閉じていた。

オレのモノを握っている妹の右手から力が抜けてきたので、オレは再び妹の手をとって、

「ほら、こうやって前後に少し動かすんだ」といってオレのモノをしごくように誘導した。

二人でベッドの上に少し足を開いたひざ立ちの姿勢で、妹はオレのモノをしごき、オレは妹の胸をもみ続けた。

妹の息が荒くなってきたようだったので、オレは、そのまま妹に顔を寄せて妹の唇をふさいだ。

妹は待っていたかのように、舌をからめてきて、そのまま二人で唇をむさぼりあった。

ぎこちない手つきで一生懸命オレのモノをしごく妹の姿にかえって興奮し、すぐにオレのものは大きくそそり立った。

「すごい、コレほんとにあたしの中に入るのかなぁ」

「そういうふうにお前の身体はできてんだよ。でもまずフェラからやってみ」

そういってオレはベッドから降りて立ったままの姿勢で股間を妹に向かってつき出すと、

妹はゆっくり顔を寄せてきて、オレのモノを口に含んだ。

妹の口の中は熱く潤っていて、ぎこちないやり方で

舌でオレのモノをなめ回す様子がかえって気持ちよかった。

あまりの気持ち良さに、おれは、立っていられなくなってベッドに腰を下ろした。

「飲んじゃった、へへ」

「大丈夫か」

「うん、ちょっと生臭かったけど、お兄ちゃんのだと思ったら、平気だった」

かわいいことを言う妹がいとおしくなり、そのままベッドに倒れ込んで、キスをした。

その日は裸で抱きあったまま一晩一緒に過ごした。

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

関連性の高い記事が見つかりませんでした。

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

他サイトの更新情報