2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

旦那の同僚たちにレイプされて淫らな女へと堕落した人妻

この記事の所要時間: 1352

ゎたしゎ 32歳の主婦
2人の子供の母でもぁります…
旦那ゎ7っ年上の普通の
サラリーマンをしてます…

ぁる日 旦那が 同僚のTサンを含み
Nサン、Kサン2人の後輩を家に招き 5人でぉ酒を飲みながら 他愛もなぃ話しで 盛り上がってました…″

その時から… 危険な関係が…

 

旦那ゎぉ酒が弱ぃ方でゎ
なぃのですが …

その日ゎ 急に酔ぃ潰れて
しまぃ その場で眠ってしまぃました …

何度か ベッドで寝るょうに声を掛けたのですが…
無反応のまま…

そんな時 Tサンが Nサン、Kサンに二人でベッドに連れて行くょうに 言ってくれました …

力のぁる 若ぃ二人でベッドまで運んで貰ぃ ゎたしが 寝室へと 案内し 戻ると Tサンゎ 一瞬 慌てたょうな そぶりを … ″

その時ゎ ぁまり 気にゎせず … 今夜ゎ もぅ 遅ぃのでと 失礼を承知で帰ってもらぃ …

その後 片付けがてら 飲み残していた ぉ酒を 飲み干しました …

それから 数分も しなぃ内に身体中が熱くなり始め、初めゎ ぉ酒を かなり 飲み過ぎちゃったのかなと 思ぃ 片付けも早々にすませ 寝ょうとした時 ィンターホンがなり 誰だろと 思ぅと さっきまで居た三人の人達がNサンが携帯を忘れたと… 戻ってきました …

ゎたしも携帯を一緒に探したのですが どこにもなく
Tサンがもぅ一度 自分のバックを見てみろと言ぅと
ぁりましたと…
【奥サン ぉ騒がせしました】と 再び帰ろぅとした時…
ゎたしの顔を見て …
【奥サン顔が真っ赤ですょ…熱でもぁるのでゎ…】と
ゎたしの頬に触れてきた…

その瞬間ゎたしの身体中が
…ゾクゾク… なんとも 言ぃ現せなぃ 感覚に襲ゎれたのです…

 

その時 ゎたしゎ 反射的に手を払ぃ その振り払った拍子に倒れそぅになった
ゎたしを三人が 支ぇ様と
三人の手が一斉にゎたしの手、身体に降り懸かった
瞬間 ゎたしの身体中の
力が抜け 三人にソファ-へと
運ばれてました …

一瞬 訳が解らなくなった様になり 意識が朦朧としてぃたのだと思ぃます…

【奥サン…大丈夫ですか?】…と、 声がして …

ぁっ… はっ… はぃ …

ごめなさぃ… と言ぅと

【凄ぃ汗ですょ …】
…Tサンがニヤリッと …
ゎたしの胸を触り 避け様とした ゎたしの両手を上に持ち上げ 顔を近付てきたのです…

そして…
【奥サン、ホントゎ身体中がホテッてるんじゃ…】

ィヤ … ゃめて…何するんですか…″と 言ぅと
Tサンの息使ぃが荒くなってぃるのを感じました…

ゎたしの唇に軽くキスしてきた後 今度ゎ激しくキスを重ねられ 力の入らなぃゎたしに数分 顔中を舐め廻されたのです…

 

顔から首へと Tサンの舌ゎ留まる事なく 舐め廻し

記憶が薄れていったのです…

その後の記憶がぁまりなく気付けば 明け方 近くになっていて 全裸の状態でリビングで横たゎっていました…

その後 どぅなったのか どんな事をされたのかゎ 全く解らず 不安だけが 残ったまま 一週間 くらぃが過ぎた頃…

一通の封筒が郵便箱に入っており ゎたし宛てで届ぃてぃたので 中身を 確認すると 全裸で精器を丸出しにしてぃる写真や三人のペ○スを喰ゎえてる写真 それに ゎたしの精器と 三人の精器が交ゎってる写真など 数十枚の写真と手紙が一枚 同封されていたのです…

ゎたしゎパニックになりながらも手紙に目を通すと
写真の流出されたくなければここに連絡する様 メ-ル ァドレスが最後に書かれてぃました …

慌ててメ-ルを送ると 宛て先ゎTサンの携帯に……

しばらくして返信が来て
恐る恐る見てみると
ゎたしのはしたなぃ姿の
動画、 ヨダレを垂らして虚ろな目をしながら感じてる写真が…………

 

その動画ゃ写真を
見て微かでゎ
ぁるが その時の記憶が…

甦りだしたのです…

Tサン達に触れられる度に ゎたしの身体ゎ敏感に反応してぃた…

【奥サンこんなにビショ ビショにして…】はしたなぃな…とか【ぁまり大声で喘ぐと旦那ゃ子供に…】気付かれちゃぅよ…と言って

言葉 だけでも 感じられずにぃられなぃ程 敏感になってぃました …

でも 何故… どぅして…
ぉ酒を飲んでェッチな気分に
なったりした事ゎ ぃままで なかった訳でゎ ぁりませんが … ぁんな状態になった事ゎ 今までになぃ…

考ぇて ぃても 何の解決にもならなぃと思ぃ…
Tサンにもぅ一度メ-ルを送りました …

この間の事ゎ 全て消して欲しぃと …
記憶から写真、動画をと
ゎたし どぅかしてました… と ……

そして Tサンから返信が 来た……

 

奥サンの汗ばんだ身体…
汗と混じり ィヤラシィ匂ぃを
プンプンさせていた ォマ○コ…が 忘れられなぃ …

そんな恥ずかしぃ事を
書かれた 返事が来て
なんとも言ぇなぃ 絶望感に襲ゎれました …

そして長々とィヤラシィ文章で綴られてぃた 最後の方に書かれて ぃたのゎ…

【ですがね…奥サン…ぁの時、奥サンだけが悪ぃ訳じゃなぃんですょ】……どぅいぅ……事なの? ………

【実ゎ奥サンの飲んでぃたぉ酒に魔法のク○リを混ぜておきまして…】

どぅやら ゎたしの飲んでぃた ぉ酒に 何らかのク○リを混ぜられて ぃた様なのです…

 

その事実を知り
Tサンに消してもらぅ様
何度もメ-ルで申し出た…

…が、…
返ってきたのゎ…

【奥サンだって喜んでただろ…】
公表されたくなぃなら

【会ってくれと】… 頼まれ
渋々、会ぅ事に承諾した…

Tサンに指定された 日時に
なり 旦那にゎ 友達と飲み行くと嘘をつぃて いった…

指定された場所に着くと
Tサンゎ車で待ち ゎたしに
合図してきた…

辺りに知り合ぃが居たらと
不安感が過ぎり早々に車に乗った…

車を走らせる中 …
ゎたしゎ問ぃ掛け
【何故…?!こんな酷ぃ事を…】

と 尋ねたが Tサンゎ無言で車を走らせた…

目的地に着ぃた様で Tサンが降りてと言った…

Tサンの誘導されるがまま
ゎたしゎ歩ぃた …

どぅやら Tサンのマンションの様だ…

そして そのまま部屋へと 招かれた……

 

暗闇に包まれた一室にTサンが明かりを点けた …

さぁ … 上がって …
Tサンの言葉に従ぃ部屋へと足を踏み入れた …

誘導されながら奥へと入って行きドァを開けるとまた
暗闇に包まれ そこにも
明かりを点すとポスタ-の様な物が沢山 貼られてぃるのが目に入った …

そこにゎ … ゎたしとの
淫らな行為 … ぁの日、起きてぃた 事実の写真が拡大され貼られてぃた …

 

放心状態になり 力が抜け
その場に 腰を下ろした…

後ろから Tサンがゎたしの
肩を抱き …

心配しなぃで …
と 囁ぃた …

その瞬間 ゎたしゎ我に返り
【何を心配しなくてぃぃの…】 と罵声を浴びせた …

落ち着いて … 今 ぉ茶でも 持ってくるから…と 言ぃ Tサンがその場を離れた…

数分が経ち Tサンゎ 飲み物を持って 戻って来た…

どぅぞ…! Tサンゎ 言ったが ゎたしゎ それを 口にしなかった …

当然 警戒してぃた …

また 変な物 飲ませる
気なの… ゎたしゎ尋ねた…

 

そんなに疑ぅなら…

とTサンゎ それを飲み干した…

…が 何の変化もなく ただのぉ茶だと信用させる様に微笑んだ …

そして ゎたしゎ色んな問ぃ掛けをしたが Tサンゎ誤魔化す様に話しを変えた…

そんな話しを続け一時間くらぃが経ち Tサンゎまた
その場を立ち離れた…

すぐに戻ってきたTサンが口にした…

さぁ… 始め様…
この間の続きを…

ゎたしの目の前に立ち
Tサンゎハンカチの様な物を
ポケットから取り出し ゎたしの口元に ぁててきた…

 

パニックになって抵抗してぃたが逆にそれが呼吸を乱し口元にぁてられてぃた物を思ぃっ切り吸ぃ込んでしまぃ 一瞬にして意識が途絶ぇてしまった…

どの くらぃ 時間が経ったかゎ解らなぃが 気が付くと Tサンが横に座り…
【気が付ぃた…】と 言ってきた …

意識が朦朧としながらも
逃げ様としたが 身体が言ぅ事 をきぃてくれずTサンに抑ぇられた…

唇を奪ゎれ 衣服も簡単に剥ぎ取られ 身体中が露にされてしまった…

 

全身を晒された上 両手をロ-プで縛られ万歳させられベッドの上端に結ばれてしまぃ 完全に身動きが取れなぃ状態にさせられてしまぃました…

そしてTサンゎ何か手にして【今から 快楽をぁじ合ゎせるから…】

と言ぃながら 何かを ゎたしの身体へ塗り付けたのです…

ゎたしゎ その 瞬間 …
力の抜けた 情けなぃ声を発してしまぃました……

ハァァ…… ァァ… ァッ…ハァ……ン

 

何とも言ぇなぃ 感覚…

身体中が悲鳴を上げながら感じ悶ぇ 一気に絶頂を迎ぇてしまった ゎたし…

そして Tサンゎ 更に 興奮が増した様に ゎたしの身体を摩り続けた …

何度も…何度も…
何らかのジェル状の物を塗りゎたしが 何度もィク姿を見ながら 喜びを感じてる様…

そして 遂に ゎたしの恥部へと Tサン手が迫り 指をゎたしの恥部内へと忍び込ませてきたのです…

 

その瞬間 ゎたしの 身体中が熱で帯 溜まらず子宮がキュン キュン と反応…

その後も Tサンの指が クリと陰内を責め続け 更に
ゎたしの身体中が熱で帯 ぉ漏らしまでしてしまったのです …

それを目の当たりにした
Tサンゎ … お仕置きだ…
と 言ぃ、ゎたしの 口に何らかの錠剤を運び無理矢理 飲み込まされて しまぃました …

 

その後 ゎたしの身体がTサンを求め始め ォチンチン …頂戴… ォチンチン …… 欲しぃの…
と 駄々をこぬる様に求めて いったのです …

舌を出しながら 犬の様に
息を荒上げ はしたなぃ姿…

自分でも ょく 平気で こんな事を… こんな醜ぃ姿を…って思ぅくらぃ 乱れて いったのです…

でも 求めずにゎ居らなぃ…

おそらく 何らかのク○リのせぃだったのでしょう…

 

ゎたしの言葉を待って
ぃたかの様にTサンゎ
自分のズボンとパンツを脱ぎ
精器を露にし ゎたしの口元へと運んで来た …

Tサンの太ぃ チ○ポゎ
硬く ぃきり立ち
今にもはちきれそぅな くらぃで それを ゎたしゎ
すかさず 貪る様に
喰ゎえ 込み ョダレを垂らしながら 吸い付いた…

Tサンゎ そのまま ゎたしの頭を抑ぇ 奥へ …奥へと…忍び込ませた …

 

ンン …… ンググ……

苦しぃ … ング…グ

奥深く 喉にまで届く程
太ぃ 肉棒 を 入れられ
苦しさの ぁまり嗚咽を
繰り返して ぃた
ゎたしを 見て 不適な笑ぃを浮かべてぃた …

そして 一度 口から放し
再び 出し 入れを繰り返した …

ゎたしのョダレとTサンの先ばしり汁でゎたしの口から糸を引きながら滴り落ちるのが解った …

【もぅ 許して くださぃ …苦しぃです】

何度となく ぉ願ぃを繰り返しさすがに観念したのか フェラ行為を止めた …

 

そしてTサンゎすかさず
ゎたしの両足を持ち上げ
大股を開かされ ぃわゅる
M字のポ-ズにし まずゎ
クリトリスを啜られた …

ァァ …… ァゥ………
キモチィ … もっと …

思ゎず 口にして しまぃ

更に啜り舐め続けたが
Tサンの 口から出た言葉ゎ…

【こんなヌルヌルにして凄くィヤラシィ匂ぃと味がするな…】

ィヤラシィ汁でビショ ビショになり
ぉまけにぉ濡らしまでしてしまった ゎたしのォマンコゎ相当 臭かったのだと思ぃます …

 

普通なら そんな匂ぃを
嗅ぃだら ィヤなはずでしょぅ …

ですが Tサンゎ そんな匂ぅ ゎたしのォマンコで更なる興奮度を上げ クリトリスから肉ビラへと 啜りを止めなかったのです…

それに便乗した ゎたしも
ぁまりの 気持ち良さに ゎたし自ら Tサンの口に擦り付ける様に腰を上下に振り始めたのです …

恥ずかしさ ょりも 今の快楽を抑ぇる事が出来なかったのです …

 

擦り始めたのと同時に
ゎたしの身体ゎまた 絶頂を迎ぇ 腰の動きが疎かになったのを見たTサンゎ一度行為を止めた …

 

そしてジェル状の物を指に付け 再びクリトリスと肉ビラに攻撃を再開した …

舐め続けられる ゎたしのォマンコ … そして ジェルを付けた指ゎ … ぉ尻の穴に差し込んだのです …

痛みと なんとも言ぇなぃ
感覚に ゎたしゎ …

【ヒィィ……ィィ……ィヤ…】

なんとも情けなぃ悲鳴を上げてしまったのです …

 

Tサンゎそのまま 指の根元まで差し込み 抜き出す行為を何度か繰り返してきた…

差し込む時にゎきつくヌメリ込む様な感覚… 抜き出す時にゎ排泄してしまぃそぅな感覚に ゎたしゎ喜んでぃた …

そして完全に抜き出した指をTサンゎ鼻へと運び臭ぃを嗅ぎ 【奥サンのゥ○チの臭ぃだ】と 不適な笑みを見せた…

ゎたしゎ ぁまりの気持ち良さに恥じらぃもなく
【もっと 続けて】…と
ぉネダリ したのだった …

 

Tサンゎ要望に応ぇ ぉ尻の穴に抜き差しを繰り返した…

そして ゎたしゎ ぉ尻の穴でも絶頂を迎ぇてしまったのだ …

それに感づぃたTサンゎ
肉棒を ゎたしの膣部に
押し当ててきた …

太く ぃきり立った肉棒を
ゎたしの膣線にナゾリ擦り始めた …

ゎたしゎ溜まらず
【早く…入れて…くださぃ】 …と ネダッた …

そぅすると Tサンの太ぃ チンポゎ迷ぅ事なく ゎたしの膣内へと挿入してきたのだった ……

【ハァ… ハゥ… ハァン…ァン 】

ゎたしの情けなぃ声が部屋中を響き渡った …

 

【ヒャ-ン… ハァァァ゛ …ン゛゛】

とてつもなく 激しく
感じる ゎたしの ォマ○コ…

『ギュン ギュン』 … 反応し…
Tサンのチンポを締め付けてぃるのが自分でも解った…

そして Tサンゎ …
【そんなキツク締め付けて…ィヤラシィ ォマンコだなぁ…】
【余程チンポが欲かったんだな…】

ゎたしゎ 否定 出来るはずもなく 両足をTサンの腰に巻き付け 放れなぃ様 淫らな行為に出た …

 

そして Tサンゎ ゎたしの
両足を解き 激しく腰を振り始め …
【ズン…ズン ズポズポ…】突ぃて きた …

激しく 突かれ これまでに 何度も 絶頂を浴びたこの身体にゎ もはゃ 感覚が麻痺してぃる様に思ってぃた …

だが…一突き 一突き される度…
ゎたしの頭の中に響き 渡る強ぃ刺激 …
膣ゎヒクヒク 痙攣を起こし
喜楽を 示して ぃた …

膣芽もジンジン したまま
大きくなり 皮から芽を出してぃた …

 

そして Tサンゎ ベットの上端に縛ってぃた ロープを解ぃた …

ゎたしの両手を結んだロープゎそのままにして …

Tサンゎ自分の身体を倒すと共に ゎたしの身体を起こし 入れたままの状態で騎乗位へと体位を変えたのだ
下から ズンズンと激しく突き上げられるのに合ゎせ
ゎたしも腰をクネクネと振った
大きく膨らんだ膣芽も指でグリグリ 弄び 快楽を ………”

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?

オススメ記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2017/11/16(木) 05:54:30 ID:k4NzA3NTM

    初めは震えてたが、
    2度3度と関係すると、
    腰使って楽しみだした主婦。
    今日は言ってないのに、下着も白のバーゲン品から、
    エロい黒の紐パン、レースの透けブラ!
    「ううん、いつかはこれ着て犯されてみたかったの。
    『女は侵されてみたい』って願望があるし、

    高校じゃお嬢様みたいな無口だったが、
    社会に出ておじさまに手解きされて、
    俺の股間に顔面伏せて、舐るエロ女に飼育されてちまった。
    やっぱ、女はスケベだよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年3月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

他サイトの更新情報