2ちゃんねるやネットのエロい話やエッチ体験談をまとめた理性崩壊系の興奮読み物サイト。無料でご利用頂けますので、ご安心下さい。

わたしが感じた彼のテクニック

この記事の所要時間: 154

感じてしまったテクニック・・・。

 

左の乳首を甘噛みされながら、右にはさわるかさわらないくらいの柔らかいタッチ。そうしながら、右の手はクリへ・・・。

ここもさわるかさわらないかのやさしいタッチ。中はもうグチョグチョ。

早く欲しくてたまらないのに、彼はオッパイやクリへの優しいタッチを続ける・・。

時々彼の細く柔らかい指が中にも入ってくる。これまで付き合ってきた男と違って、手がとても柔らかい。

この手でやさしく身体を触られただけで、身体中がすごく敏感になってくるのがわかる。夢中になってアソコを彼の手に押しつけてた。

いつの間にか彼はわたしの股間に顔を近づけていて、クリを優しく舐めたり、グチョグチョに濡れた入口へ舌を差し入れたり。

もう我慢できなくなったわたしは、自分から彼のおチンチンをくわえにいってしまいました。

 

身体を横向きにした69のような形になると、彼はジュルジュルとわたしの愛液をすってくれました。

おチンチンをくわえたわたしは、カリの部分を舌先でつついたり、口を離しておチンチンをフルートを吹くように横側から舐めたりしました。

自分がしているいやらしい行為、彼がわたしにしているいやらしい行為を考えただけでわたしは、おかしくなってしまいました。

「あ、あああー。もうダメ。早くちょうだい!!」「ね、お願い。早くぅ。早く入れてぇ!!」

と叫んで、彼の上にまたがり自分から彼を迎え入れてしまいました。

 

わたしの中が彼のモノでいっぱいになったとき、「あっ、あっ、いい。いい。いくいくいくいくいくいくいくぅ」と激しくピストン運動。

まるでわたしが彼を犯してるみたいになってしまいました。

彼もわたしの腰に手をそえ、下から突き上げてくれました。

もう、わたしは髪を振り乱して、獣のように腰を振り続けました。

「あっ、あっ、あっ、あっ、ああああ!いいいい!だめ、だめ、もうだめ!いくいくいくいく。いっちゃうー!」

と彼の胸の上に倒れ込んだとき、ドクンドクンと彼のモノがわたしの中で動きました。

身体の奥へ、大量の精液が放出されたのを子宮の入口で感じました・・・。

体験談の投稿募集中!投稿してみませんか?
 閲覧回数:3,063 PV
 評価:12345 4.00 (2 件の評価)
Loading...
 タグ:

オススメ記事

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

他サイトの更新情報